フィリピン人と英語

 

フィリピンの人たちって何語を話すの?

 

「フィリピンで英語留学」と聞くと、なんでフィリピン語を話す国で英語を勉強できるの?なんて不思議に思う方もおられるでしょう。

 

実は、フィリピンでは英語が公用語なんです。

インドが長らくイギリスの植民地であったため、インド人は英語を話せるというのはご存じの方も多いでしょう。
同様に、フィリピンもアメリカの植民地であったため、英語教育が行われ、フィリピン人は英語を現在も公用語としています。

 

しかもフィリピンは、世界の英語が公用語の国のなかで人口が三番目に多い国です。

つまり、世界で3番目に英語を話す人口が多い国、なのです。

 

すでに100年ぐらいはフィリピンでの英語教育は続いているため、フィリピンの社会には英語が根付いています。

道を歩けば、看板やお店の名前はほとんどが英語表記です。

そういう意味で、英語が少しは分かる方ならば、フィリピンはアジアでも最も旅がしやすい国ではないでしょうか。

 

ただし、フィリピン固有の公用語もあります。

タガログ語といいます。

しかしもともとフィリピン人はみんなこのタガログ語を話していたかというと、そうでもありません。なんとフィリピンには、172個の言語があると言われています。

これは、フィリピンは7000以上の島からなる国で、その島それぞれに言葉があるからです。

セブ島では、ビサヤ語という言葉が地元の言葉としてあります。

なので、たとえばマニラの人がセブに来ると、ビサヤ語は理解できません。

なので、タガログ語か英語で会話をします。

 

ということは、多くのフィリピン人はタガログ語、英語、そして自分の島の言葉と、なんと3つの言語を話すことができるのです。


そういう意味で、フィリピン人は「語学の天才」などとも言われています。

 

このような事情があるため、英語は多くの人が共通語として普段から使用しており、映画館に行っても、英語の映画は字幕なしで普通に上映されています。

英語新聞もよく売れていますし、マクドナルドやカフェに行けばフィリピン人の学生たちが英語で会話しているのが聞こえてくるでしょう。

幼稚園から英語で教育し、小、中、高、大学もみんな英語で授業です。

こうした事情から、フィリピンで教育を受けた人々、特に大学を卒業した方々は流暢な英語を話せるのです。

コンビニ、ショッピングモール、ホテル、レストランの店員さんたちは流暢に英語で話します。

ただ、バスや食堂、ローカルの島々などでは、かなりブロークンな英語が話されていますので、場所によって英語の通じやすさはネイティブ国とは異なるという理解はしておいて下さい。

 

けれど、逆にそれを利用して、まだまだ英語初心者のうちはブロークンな英語を使う方たちと主に会話し、自分の英語レベルがアップしていくのに合わせて、コンビニ、レストラン、最後は高級ホテルやバーと、どんどんレベルをアップしていくのも、楽しいと思います。

 

しかも、フィリピンはアジアで珍しいキリスト教圏の国。

人々はみなとても陽気でフレンドリーです。

みんな気さくに話しかけてくれるので、アウトプットをどんどんしていくには、フィリピンでセブ島留学という環境は非常によいのです。

 

また、日本人はどういうわけか、白人コンプレックスのようなものがあり、白人には気軽に英語で話しかけにくいですが、フィリピンの方だと同じアジア人ということで気軽にそれができます。

少しくらい文法が間違っていてもいいかな、という気持ちにもなれてしまいます。

そういうことも相乗効果で、フィリピンのセブ島に語学留学に来られた日本人の学生さんたちは、みなさん非常に明るくなり、フレンドリーなフィリピン人たちと気軽に英語で会話をされています。

 

特に話すことにコンプレックスを抱いていた方々が、どんどんそのコンプレックスを克服していくのです。

 

それはアジアの英語国・フィリピンでフレンドリーなフィリピン人たちと気軽にお喋りを楽しむことができるからこそ、可能なことなのではにでしょうか??