他国との比較

 

 治安、ロケーションがいい!

 

フィリピン留学する場所は、日本から直行でわずか5時間で行ける世界的なリゾート地セブ島に位置しています。

国際的な観光地なのでフィリピン政府も治安には力を入れており、マニラ等の大都市と比較して治安やロケーションが良いのも特徴です。

 

セブ島は四方を海に囲まれた、湿気も少なく温暖な南の島。

週末に出掛けられるリゾート地も数多くあり、シーフードもおいしい!

国際的な観光地でAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会議も行われるほどの治安の良さもメリットです。

 

質の高いリゾート地を目指して、フィリピン政府自体が人の質の向上にも力を注いでいます。

多くの人々が英語を話し安全性と保安に関する法令を制定しています。

そして大学への進学率もとても高く、英語汎用度の高いセブ島地域ではその高い英語力と優秀な人材がアメリカのアウトソーシング(主として会話主体のコールセンター)先として注目を浴びており、今後数十万人の雇用が創出されると予測していますが、この急激な伸びがいかにこの地域の英語力が認知されてきたかが、よくわかります。

 

また、セブ島はダイバー達の憧れの地と呼ばれるだけあってダイビングにもすばらしいポイントが多く、サンゴ礁やビーチも近くにあります。

アイランド・ホッピング(島巡り)に出かければ、洞窟や滝なども近くに点在しているので、休みの日は不思議な体験にめぐりあえることでしょう。

 

生活の場としてのセブ

留学は旅行ではなく生活です。

ある程度の都市部でないと生活できません。

アフタースクール・授業以外の場も必要です。

その点、セブは大きくもなく小さくもなく、勉強しながら生活するには丁度いい大きさの都市だと言えます。

例えば両替、衣類のショッピング、食料品などのスーパーマーケット、飲食店、夜の飲み会、マッサージなどのレジャーなど・・・

ほとんどのものが車で数分~数十分の身近に存在します。

 

アメリカなど他の英語圏との比較

とにかく格安!

フィリピン留学、比較英会話

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどの先進国で英語を学ぼうと考えると、まずネックになるのが、その高い授業料と滞在費

これまでは、その金銭的な問題が留学を考えている人たちが海外に出かける事を制限して来ました。

しかしフィリピンは他の英語圏と同質(又はそれ以上の)の英会話教育を提供しながらも、授業料、滞在費ともに相対的に格安で、しかも同じ費用ならばより長い期間留学でき英会話もより上達します。

 

マンツーマンと少人数レッスンが受けられる。

 

アメリカ、イギリスなど先進国の語学学校での授業は教師1人に対して生徒が10~15人といった大人数のクラスが多く、レッスン内容も受身の文法が多くなってきて話す機会も少なく

日本の義務教育と同じく、英語は上達しても英会話の能力を上げるには至難の業です。

 

くどいようですが、一般的な日本人であれば、もうインプットの時期は終わっています。

アウトプット、すなわちしゃべらない事には英会話は一向に上達しません。

 

フィリピン留学では、マンツーマンレッスンだけでも1日270分もあり、まさに英会話漬けになることができます。

というかしゃべり続けなければなりせん。

英会話上達のコツは勇気と自信を持ってとにかく話し頭の中にだけある文法や単語などの知識を自分のモノにすることです。

その為には話す機会を少しでも多く持つこと、がとても大事なのです。

 

わずらわしくない手続き

先進国のように事前に留学VISA取得などの面倒な手続きもありません。

パスポートの残存日数さえクリアすれば思い立ったらすぐ出発できるのも他の海外留学と比較して非常にお手軽でいい所だと思います。

 

日本の英会話学校との比較

生の英語に触れられる

フィリピン留学、日本国旗

基礎ができている人ならば短期留学でも生の英語に触れられる機会は、日本の英会話学校での勉強と比較してスピーキングとリスニングに関しては驚く程の進歩の違いがあります。

基礎をやっていない人でも、実際に英会話を使う事によって自信が増し、流暢さが上達します。

また海外留学を体験する事によって英会話に対する意欲が沸き、今後の日本での英語上達スピードにも大きな影響を及ぼす事になると思います。

 

モチベーションの向上

英語留学中に学校や街中で英会話が通じない苦労をした経験をした人は、日ごろの学習でのモチベーションの違いに現れますので、短期留学は自分の力をためすだけでも大きな価値があります。

 

かけがえのない大きな体験

また、日本と全く異なる生活環境と文化に触れ世界の人と交流する事によって得られるものは自分にとってかけがえのない体験となるでしょう。

 

フィジーやプーケットとの比較

フィリピン留学、フィジー、プーケット国旗

マンツーマンを初めとする少人数と大人数制レッスンでは同じ留学でも英語の伸びが全く違います。

話さないことには英会話は伸びません。

留学は旅行ではなく生活です。

短期なら、のんびりと田舎度の高い国、もいいですが、ある程度の選択肢、つまり、レストラン、買い物、映画館などの娯楽がないと長期は厳しいです。
セブ島の物価はフィジーの半額。

たいていなんでもそろって滞在中の生活も満喫できます。
 


成田からわずか5時間帰りなら4時間足らずで行ける南の島!セブ島。